仕入れコスト把握の難しさ|まつげエクステを開業して夢を現実のもにしよう

まつげエクステを開業して夢を現実のもにしよう

仕入れコスト把握の難しさ

食器

変動原価のコントロール

経営に大事なのは売上管理と経費管理です。売上と経費の差額が利益になるからです。飲食店の経営においても、売上と経費の管理が大事なポイントになります。他の業種と異なり難しいのが、経費管理です。経費はコストとも呼ばれていますが、変動する原価と固定原価の二種類があります。固定原価は、家賃や光熱費などにかかる費用になりますが、変動費用は、広告費用や宣伝費用、人件費、そして仕入れに関わるコストになります。特に飲食店の場合、仕入れにかかるコストは全体の多くを占めています。それに加えて仕入れコストは、日ごとに変動するケースが多くなっているのです。そのため飲食店の経営においては、仕入れコストをいかに管理するのかがポイントになります。

複数の仕入れ先を確保

仕入れする先を一定にしているケースもあります。しかし業界類など毎日の水揚げ量によって価格が変動するようなケースでは、どの程度の仕入れをするのかの目安を予め金額で決めておく必要があります。そしてその価格購入した場合、必要数に満たない場合には、他にどのような策に講じるのかを予め設定しておくことが必要になります。コストを超過してしまうとせっかく集客しても赤字になってしまう可能性が高いのです。それでは経営が成り立ちません。前もって複数の業者から仕入れする情報を入手するなど食材の入手ルートを確保しておくことが飲食店の経営をスムーズに行う要素になります。経営は戦略です。仕入れ先を複数設定することも戦略のひとつなのです。